交通事故相談無料。電話相談や出張相談にも弁護士が対応。

交通事故

交通事故相談無料。電話相談や出張相談にも弁護士が対応。

交通事故のご相談は無料で対応。
交通事故に遭ってしまった場合、保険会社からの連絡に、わからないことだらけで不安になってしまうのではないでしょうか?過失割合、後遺症、示談金など、普段は使わない言葉がたくさん出てきます。怪我を負い、大変な中で、どのような点を押さえれば、より有利に解決することができるのか?
交通事故専門部も持つ大阪・高槻の「弁護士法人あい湖法律事務所」では、無料相談や電話相談、出張相談に対応しています。

1. 交通事故は弁護士に相談すべき?メリットとデメリット

誰もが交通事故を起こしたり、遭ったりする可能性があります。交通事故で怪我をした場合には、基本的に相手が加入している保険会社と交渉をすることになります。ただ、交通事故に遭うことは、めったにありませんから、保険会社の担当者が説明することについては、ほぼ知らないことばかりです。過失割合や示談金の額など、「保険会社が言うのだから、そんなものかな」程度の認識を持つ方が多いと思います。

保険会社も営利企業の一つですから、できるだけ出費を抑えたいと考えるのは、仕方のないことです。このような場合、事故に遭った素人が、プロである保険会社の担当者と対等に交渉していくことは、やはり無理があります。そこで、交通事故の案件を専門とする弁護士に依頼をして、代わりに交渉してもらうという方法を取ることになるのです。
確かに弁護士費用が発生するというデメリットがありますが、やはり交渉のプロに任せた方が、納得できる結果になる可能性は高まります。特に、自分が弁護士特約の保険に入っていた場合には、ほぼ唯一のリスクである費用面でのリスクは解消されることとなりますので、弁護士に相談してみるといいでしょう。

2. 交通事故の問題は「いつ」弁護士に相談すべき?

3. ご相談の連絡をいただだくことが多いケース

3-1. 治療費の打ち切りを保険会社から言われた方

交通事故で怪我をした場合、病院に入院したり、通院したりすることになります。特に、通院をする場合、どの時期をもって治療を終了するかは、難しい問題です。保険会社としては、できれば一日でも早く治療を終えてほしいと思うことは、容易に想像できます。しかし、通院する側によっては、完治したと納得できるまで、治療を続けたいはずです。
ただ、このような場合、保険会社の立場が強く、なかなか治療を続けたい旨の主張は通らない状態です。このような時に、弁護士から保険会社に対して、論理的に、治療の継続を交渉してもらえます。弁護士は、どのように伝えれば、どうすれば治療費の打ち切りにならないか?ということを理解しているため、ご自身で交渉をするよりも格段に、治療費の継続になる可能性は高くなります。

3-2. 示談交渉をすることに不安がある方

渉ごとに慣れている人は、それほど多くないはずです。 ましてや、保険会社の担当者との示談交渉では、どのように話を進めていいか、皆目わからないはずです。 弁護士は交渉のプロですから、示談交渉に少しでも不安がある人は、是非依頼しましょう。
なお、交通事故の交渉では、法律と、医学と、交通事故における業界慣習など、様々な要因を熟知したうえで交渉する必要がありますので、弁護士を選ぶ際にも、その事務所に、どのくらい実績があるのか?ということを確認するといいでしょう。

3-3. 後遺障害についての判断ができない方

交通事故の怪我で最も心配なことは、治療が終わった後の後遺障害です。 後遺障害は、事故直後にあらわれるケースと、事故の後になってから体調の不具合や体の痛みがあらわれるケースがあります。後になってからあらわれるケースでは、特に交通事故の影響なのかどうかなど、かなり判断が難しい事案であり、相手方保険会社などへ伝える際は、医師と連携をするなどして、きちんと因果関係を証明する必要があります。このような場合は、数多くの交通事故の事案を扱っている弁護士に相談するべきです。

3-4. 保険会社などの相手方から言われた過失割合に納得ができない方

交通事故には、過失割合が大きなポイントになります。例えば、車同士が衝突した場合、どちらにどれくらいの割合で過失があるかが決められます。つまり、過失割合が大きいほど、交通事故における過失があると認定されることになるのです。この割合によって、支給される保険金などの額が決まってしまいますから、とても重要です。もし、過失割合に納得できなければ、自分で交渉するよりも、弁護士に依頼した方が得策です。
弁護士は、これまで集積されてきた判例や、法律を基にロジカルに相手と交渉をします。
なお、当時の事故態様や状況を証明する必要がある場合、ときには証人を探す必要なども出てきますので、そういった面からも、弁護士へのご相談は、できるだけ早い方がいいと言えるでしょう。

3-5. 提示された示談金が妥当かどうか不安になっている方

示談交渉で最も頭を悩ますのは、示談金の金額です。妥当な金額はいくらなのか、なかなかわからない人がほとんどでしょう。自分だけで交渉した場合には、結局保険会社の「言い値」になってしまいます。もちろん、慣れていないからといって、相場と大きくかけ離れた金額を提示すれば、交渉が決裂し、いつまでも合意することができません。
交渉のプロで、示談金の相場を理解している弁護士に依頼すれば、納得できる金額で、しかも早く示談が成立するはずです。
ちなみに、示談金には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準と3つの基準があり、弁護士が介入するか否かだけでも、保険会社の対応や、保険会社の担当者が決済できる金額が変わります。(保険会社各社の内規で決まっています。)

3-6. 示談が決裂してしまい困っている方

自分で示談交渉ができると思っても、なかなか話が進まず、決裂することが少なくありません。一度決裂すれば、その後で交渉を再開することが、難しくなります。このような場合、弁護士に今までの交渉内容を説明して、自分の要望を伝えた上で、示談の依頼をした方が、早期に解決できるはずです。

4. 交通事故の問題を弁護士へ相談する際のポイント

交通事故に遭った人が、弁護士に相談するポイントは、まずタイミングです。先程、できるだけ早く相談すべきだと言いましたが、そうでない場合、少なくともタイミングは、4つあります。

1つ目は、交通事故に遭った直後です。
保険会社との交渉を有利に進めるために、初期の段階で何をしたら良いか、アドバイスを受けることができます。このタイミングで、弁護士に相談できればベストでしょう。

2つ目は、治療を受けている段階です。事故後、治療をうけながら、なるべく早い段階で、弁護士に相談しましょう。保険会社から「症状固定」と言われた時に備え、どのようなことができるか?など、今後発生しうるリスクについて予見をし、予め対処する方法を検討することができます。なお、症状固定とは、治療を打ち切るという意味であり、この言葉を言われたら、賠償金を低くするために、徐々に圧力をかけられている状態だと考えられます。

3つ目は、後遺障害が認定された、あるいは該当しないと言われた時です。
認定された等級が妥当か、該当しないことが正しいのか、素人にはなかなか判断できませ
ん。後遺障害は1級から14級にランク分けされていますが、この等級を基に後遺障害慰謝料の額や労働能力を逸失した利益分が支払われます。等級が1級異なるだけで、金額が大きく違ってきますから、認定された等級は極めて重要です。

4つ目は、保険会社から慰謝料の金額の提示があった時です。
保険会社の説明を鵜呑みにして、一度提示金額を承諾してしまうと、後で覆すことができ
なくなります。弁護士に相談する際には、現在自分が、この4つのタイミングのどこにいるのかを説明する必要があります。

また、タイミングの他にも、相談のポイントとしては、安易に保険会社のペースに乗らないということがあります。早く解決したと思うあまり、相手のペースにのまれ、簡単に承諾してしまうと、後悔することにもなりかねません。保険会社から条件や金額が提示されても、一旦持ち帰って、冷静に検討することが必要です。それでも迷う場合には、弁護士に相談するという方法を取るべきです。

5. 交通事故に無料相談や電話相談でも対応している大阪・高槻の「弁護士法人あい湖法律事務所」の強み

交通事故は、極めて非日常的な出来事ですから、いざ自分の身に降りかかった時に、どう
対処したらいいのかわからない人が、ほとんどでしょう。しかも、交渉相手は百戦錬磨の保険会社です。営利企業である保険会社ですから、できるだけ治療は早く終わらせよう、示談金はできるだけ低く抑えようとします。
交通事故の交渉では、法律の知識と判例、医療の知識、業界の相場感など、様々な要素を熟知している必要があります。いくら交渉事が得意な人でも、なかなか太刀打ちできないはずです。しかも、提示された条件や金額に一度承諾してしまうと、もう後戻りできません。
ですから、少しでも不安に思ったら、できるだけ早く、信頼できる弁護士へ相談するといいでしょう。
当事務所、大阪・高槻の弁護士法人あい湖法律事務所は、交通事故専門部を設置し、交通事故に詳しい弁護士が複数在籍しております。また、無料相談会なども実施しておりますので、ぜひ、ご活用ください。

CONTACTお問い合わせ